スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別居期間の長さ

 以前、別居期間が長期にわたる場合、婚姻が破綻しているとして、離婚原因があるとされることが多いということを書きました(婚姻を継続しがたい重大な事由)。

 この中で、別居期間の長さとしては、同居期間との対比にもよるけれど、3年くらいが一つの目安になるとされるとも書きました。

 この3年という数字は、一般によく言われているところなのですが、先日、経験豊富な家庭裁判所の裁判官の方お話を聞いた際、裁判官としても、3年あれば安心して離婚の判決が出せ、それ以下だと迷うということでした。

 そして、成田離婚のような極端に同居期間が短い場合は1年くらいでも離婚が認められないかという質問があったのですが、それに対しては、別居期間だけで婚姻破綻を認定するのは難しいというようなことをおっしゃっていました。

 全ての裁判官が同様の認識ということではないかもしれませんが、裁判官にとって3年というものが基準として結構大きな意味を持っているように思われました。

 別居期間が短期間の場合、いくら同居期間が短くても、それだけでは離婚が認められないかもしれないという前提で訴訟を提起するかどうかなどの判断をした方がよさそうです。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ビジネスブログランキング


↑↑↑ブログランキング参加中です。ご協力いただけたら幸いです。



MYパートナーズ法律事務所
離婚専門HP
企業法務専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

破綻と別居期間について悩んでいます。離婚の意思があり別居したわけではない場合、破綻と認容されるのは避けたいです。そのためには、別居を解消するのが離婚回避になると思っているのですが、相手が離婚裁判を提起した場合はどうすればいいのでしょうか?家に戻る意外の方法で何か得策があるのでしょうか?

Re: No title

> 破綻と別居期間について悩んでいます。離婚の意思があり別居したわけではない場合、破綻と認容されるのは避けたいです。そのためには、別居を解消するのが離婚回避になると思っているのですが、相手が離婚裁判を提起した場合はどうすればいいのでしょうか?家に戻る意外の方法で何か得策があるのでしょうか?

別居期間が長くなってくると、裁判所も婚姻破綻しているとの心証を持ちやすい傾向があるように思われます。

その意味では、別居が解消できれば、それに越したことはないのですが・・・

もし、別居が単身赴任やその他の理由によるもので、夫婦関係が破綻しているわけではないということであれば、別居が離婚に向けたものではないことを主張するとともに、その証拠を確保しておくべきでしょう。

たとえば、相手方とのメールで婚姻関係が破綻してないことを推認させるようなものがあればとっておいたり、相手方との会話でそういった内容を話し、それを録音しておいたりとかです。
プロフィール

吉成安友

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。