スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚原因としての離婚意思(原告の離婚意思)

 通常、離婚は、一方、又は双方が離婚しようという意思を持つことにより、進んでいくことになります。

 ただ、離婚意思は、婚姻が破綻しているかどうかを判断する上でも考慮されうるものです。

 原告が、絶対にやり直すつもりはないという強い意思を持っている場合、実際問題上は、これ以上正常な婚姻関係を継続することは困難です。

 もっとも、離婚を求めて訴訟までしているようなケースでは、通常、原告は絶対にやり直すつもりはないという強い意思を持っているといえます。

 そうでありながら、全ての離婚請求が、認容されているわけではないことも分かるように、原告の離婚意思が強いことは、それだけでは破綻とはなかなか認められません。

 婚姻生活の経緯などと併せて、破綻に至っているか、回復の見込みがないといえるかの判断の一要素になるという感じだと思います。


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
ビジネスブログランキング


↑↑↑ブログランキング参加中です。ご協力いただけたら幸いです。



MYパートナーズ法律事務所
離婚専門HP
企業法務専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

原告の離婚意志が固いの反対に、被告の婚姻継続の意志が固い場合はどうなりますか?修復の見込みはどのように判断されますか?被告の修復の努力は原告に拒否されています。それでも陳述書などで裁判所へその努力した内容を提出すれば破綻とみなされないこともあるのでしょうか?ぜひ、記事にして教えてください。

Re: タイトルなし

> 原告の離婚意志が固いの反対に、被告の婚姻継続の意志が固い場合はどうなりますか?修復の見込みはどのように判断されますか?被告の修復の努力は原告に拒否されています。それでも陳述書などで裁判所へその努力した内容を提出すれば破綻とみなされないこともあるのでしょうか?ぜひ、記事にして教えてください。

そもそも、原告の離婚意思が固いというだけで、離婚が認められるわけではありません。

もしそういったことが認められるのであれば、有責配偶者は別としても、離婚訴訟で原告が負けることが無いはずですが、実際はそうではありません。

もちろん、破綻しているかの判断で一要素になるのは確かですが、原告の意思単独で破綻していると認定されるわけではありません。

いずれにしても、被告が修復のための努力をしていることについて陳述書を出すことは、破綻していないことを証明する上では良いことだと思います。
プロフィール

吉成安友

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。