スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚意思がない離婚届では・・・

 前回のブログ,後に原判決を出したので,紛らわしかったかもしれませんが,原判決は最高裁によって覆されたということです。

 結論的には,いったん相手が離婚届に署名,押印をしていても,離婚届を出す段階で相手に離婚する意思がなかったら,気が変わったと伝えられていなくても,離婚は無効ということになります。

 これまで多数の法律相談を受けてきて,何回かあったのが,相手が印鑑を押した離婚届があるから,これ出せば離婚できますよねということ。

 しかし,最高裁判例による限り,相手から気が変わったと伝えられていなくても,相手の気が変わっていれば,離婚はできないわけです。

 もちろん,離婚届に印鑑を押してから,届け出をするまでには,必ずタイムラグがあります。

 印鑑を押してからあまり時間が経っておらず,特段の事情の変化もなければ,特に確認しなくても大抵は問題ないでしょう。

 ただ,時間が経ってるケースだと,その時点での相手の意思を確認する必要がある場合も多そうです。

 そもそも,普通離婚の話がまとまったら,そんなに日をおかず出すでしょうから,出すまでに何ヶ月以上も経っている場合って,色々と事情があったりするんですよね。

 ちょっと話はずれますが,離婚届には印鑑を押してたけど,離婚の意思はないということもあったりするんです。

 例えば,夫が浮気したのがばれて妻が激怒し,今度浮気したらもう離婚だと言うことで,離婚届に印鑑を押させて,それを持っておく。

 そしたら,1年後にまた浮気をして,今度こそ離婚だ,離婚届には印鑑を押させてるから,出そうと。

 でも,その夫には,印鑑を押した時点でも,妻をなだめるためという目的で印鑑を押したに過ぎず,離婚する意思がないということもありえるわけです。

 浮気は離婚原因で,裁判になれば離婚の判決となりますが(もちろん立証できることが前提です),協議離婚による離婚届では浮気をした夫に届出時点で離婚意思があることが必要になるので,この場合の離婚届出は無効になります。

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村
↑↑↑ブログランキングでの「弁護士吉成のブログ」の順位のチェックはこちら!!

人気ブログランキングへ
↑↑↑こちらも!!


法律問題、企業顧問なら、MYパートナーズ法律事務所にお任せ下さい!!
↓↓↓

MYパートナーズ法律事務所HP




弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。