スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判離婚

 前回までに、離婚の種類として、協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3種類があるということを書きました。

 この3種類については、耳にされることも多いかと思います。

 ただ、これ以外に、審判離婚というものもあります。

 これは、調停が成立しない場合で、家庭裁判所が審判をするのがよいと判断した場合に、職権で離婚の審判をするというものです。

 審判に対し、2週間以内に異議が申し立てられれば、審判は効力を失い、異議が申し立てられなければ判決と同じ効力があり、離婚成立ということになります。

 2週間以内に異議が申し立てられると効力を失ってしまうので、意見の相違がそれほど大きくないような場合など、審判に対して異議が出ないだろうというケースで使われるようです。

 例えば、離婚の合意はあるが、一方が入院中で将来的にも出頭が不可能である場合、離婚や親権者は合意が成立したが財産分与に争いがある場合、夫が正当な理由なく調停に出頭しないが電話で書記官に協議離婚に応じてもよいといったような場合などに使われたとされます。

 もっとも、やはり2週間以内に異議が申し立てられれば失効してしまうという効力の弱さから、利用されることは極めてまれなようです。

 意見の相違が少ないのであれば、最終的に調停で決着が付く場合が多いですし・・・

 私自身、数多くの離婚案件を手がけてきましたが、審判離婚になったケースは一度もありません。



弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ
弁護士吉成安友の離婚ブログ
MYパートナーズ法律事務所
企業法務専門HP
離婚専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

吉成安友

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。