スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚原因(不貞行為、悪意の遺棄)

 不貞行為とは、自らの意思で配偶者以外の異性と性交渉を行うことを言います。

 通説では、性交渉に限定されますが、それ以外の性的関係を持った場合でも離婚原因にならないというわけではなく、内容によっては「その他の婚姻を継続しがたい重大な事由」として離婚原因になり得ます。同性と性的関係を持った場合も、不貞行為には当たらないにしても、「その他の婚姻を継続しがたい重大な事由」になり得ます。

 もちろん、強姦されたような場合は、不貞行為には当たりません。


 悪意の遺棄とは、正当な理由なく、民法752条の「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」という義務を果たさないことです。

 自分が家を出たり、相手を追い出した場合だけでなく、相手が家を出ざるを得ないようにしむけた場合もこれに当たり得ます。

 また、通常法律用語で「悪意」というと「知っていること」という意味で、いわゆる善悪とは無関係ですが、この離婚原因としての「悪意の遺棄」については、倫理的な非難の要素を含むとされます。

 したがって、状況的に出て行ってもやむを得ないと言えるような場合は、悪意の遺棄には当たらないとされます。

 例えば、相手が浮気をしたり、自分をないがしろにしたり、奇行に走るようになった場合などは、出て行っても悪意の遺棄には当たらないとされます。



MYパートナーズ法律事務所
離婚専門HP
企業法務専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

吉成安友

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。