スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

婚姻を継続しがたい重大な事由(反訴がある場合)

 今回も、民法上の離婚原因である「婚姻を継続しがたい重大な事由」についてです。

 離婚自体はお互いにしたいが、条件面が折り合わず、訴訟にまでいたったような場合、一方が離婚を求める訴えを起こすと、その手続の中で逆に相手方も離婚を求める訴え(反訴)を起こすことがあります。

 こうした場合、かつては、一方(無責の者)の請求を認容し、他方(有責の者)の請求を棄却するということがありました。

 しかし、最近は、離婚については双方の意思が一致している以上、婚姻継続は望めないとして、婚姻を継続しがたい重大な事由あるとされ、双方の請求が認容されるのが通常となっています。



MYパートナーズ法律事務所
離婚専門HP
企業法務専門HP
相続専門HP
債務整理専門HP
弁護士吉成安友のブログ
弁護士吉成安友の企業法務ブログ


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

吉成安友

Author:吉成安友
荒川区西日暮里にMYパートナーズ法律事務所を開設している弁護士です。
多様な案件を取り扱っていますが、このブログでは、離婚に関する法律知識を不定期で提供していきたいと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。